2005年10月23日

衛星放送業界最新動向

今日のランキング




今回は衛星放送業界の最新動向について。


多チャンネルで大きく伸びた衛星放送業界


ここでも、やはり話題はデジタル放送のようだ。




現在、BS(放送衛星)アナログ放送をしているのはNHK衛星第1第2


そして、WOWOW(BSデジタルにも進出)。




BSデジタル放送NHKハイビジョンBS日テレBS-iBSフジ


BSジャパンスターチャンネルBSの各局。CSスカイパーフェクトTV


という構図だ。




CSテレビ放送の顧客管理会社、スカイパーフェクト・コミュニケーションズ


プラットワンは2004年に合併。BSデジタル、次世代CSデジタルの多チャ


ンネル時代の視聴者争奪戦には「CS連合」が得策と判断したからだ。




地上波デジタル放送では、地上、BS、CSの3波を1台で見られる


受信機が主流。衛星放送が身近となる反面、メディアの差別化ができな


ければ、CS業界全体が沈みかねない危機感が再編を促した。




日本初の民間衛星放送会社WOWOWの04年の連結決算は営業収益


で前期比2.2%減の616億円。加入者数は前年比0.6%減の248.4万人。


07年を最終年度とする中期経営計画では720億円を見込んでいる。




総加入者数全体は、CS放送のスカイパーフェクトTVや他の有料放送など


との競争激化を踏まえ、2%増の254万人に止まる見通し。ただ、デジタル


テレビの普及が進むことを受けて、デジタル放送の加入者数を前期比


3.1倍の124万人


に増やす計画だ。




応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:23 | マスコミ

放送業界最新動向

今日のランキング




今回は放送業界の最新動向について。


最近、何かと騒がしい放送業界


現状はどうなっているんでしょう。




放送業界の大きな波といえば、2003年から始まった地上デジタル放送


これにより、放送業界は本格的なデジタル化の時代に突入したと言える


だろう。




ブロードバンドの急速な普及によって、インターネットを使った映像配信


なども徐々に広がりを見せている。




BS(放送衛星)CS(通信衛星)分野の放送会社も視聴者獲得を強化


しており、競争が一番と激化している。




民法キー局5社(フジテレビ日本テレビTBSテレビ朝日テレビ東京


の04年3月期の連結決算は、日本テレビが平均視聴率トップを維持しつつ


も、巨人戦中継の不振で減収だったが、それ以外の4社は増収だった。映画


制作やテレビ通信販売など放送以外の収入が伸びた。




ただ、主力の広告収入は企業の経費削減の影響で、人気スポーツ大会の


放送で伸ばしたフジテレビとテレビ朝日を除き、3社が減少した。




利益面でも、フジテレビは「踊る大捜査線2」や「キダム」などの事業収入が


大幅に増えて増益に貢献、当期利益は過去最高を記録した。TBSもDVD


販売がなどの事業収入が好調で経常増益となった。




テレビ朝日は4%増収だったが、新社屋移転によって、経常利益は減少。


日本テレビも同じく新社屋移転と広告収入の減少で経常減益だった。





応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:23 | マスコミ

出版業界最新動向

今日のランキング




今回は出版業界の最新動向について。


出版業界の新刊点数は4年連続で増加しているそう。




でも、良い話題だけではないようです。




出版業界の調査・研究機関である出版科学研究所がまとめた国内出版物の


推定販売金額は、1996年の2兆6553億円をピークに2003年まで7年連続で


減少を続けてきた。




03年は全月で前年割れとなり、2兆2278億円にとどまった。




一方で、書籍の新刊点数は03年まで4年連続で増加。長引く不況の中、少し


でも売上を伸ばそうと各出版会社は躍起になっている。




また、インターネット携帯電話新古書店などのライバル登場で、出版社


を取り巻く環境は厳しい。




出版業界全体の市場の縮小を受けて、書店数も減少傾向にある。中小書店


の廃業に加え、多店舗展開する大手、中堅書店も店舗整理を進めている。




しかし、そんな出版業界にあって取次店は元気だ。




実は、出版の流通ルートは取次店経由が全出版物の3分の2を占める


取次大手は日本出版販売(日版)トーハンの2社。




04年3月までの決算は、日版が6期連続、トーハンが7期連続で減収だった


が、05年は両社とも増収増益を見込んでいる。




理由は「世界の中心で愛をさけぶ」などのヒット作に恵まれたからだ。






応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:22 | マスコミ

広告業界最新動向

今日のランキング




今回は広告業界の最新動向について。


広告業界も相変わらず就職活動生には人気。




私も広告業界は興味がありました。


やっぱりクリエィティブな仕事ですから憧れました。




国内の広告業界は電通を筆頭に博報堂アサツーディ・ケイ(旭通信社と


第一企画が1999年に合併)、東急エージェンシー大広読売広告社


続いていたが、2003年10月1日付で、博報堂(国内2位)、大広(国内5位)、


読売広告社(国内6位)が経営統合のために持ち株会社博報堂DYホール


ディングスを設立した。




これにより、国内2位は変わらないものの、持ち株会社設立で世界第8位の


広告会社となった。この大型経営統合が今後広告業界にどんな影響を与え


るのか注目される。




最近の広告業界で特徴的なのは、インターネット広告市場が伸びている点。


ネット広告会社主要6社(サイバーエージェントサイバーコミュニケーショ


ンズデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムセプテーニオプト


まぐクリック


の04年1〜3月の業績は全社とも経常損益が大幅改善され、黒字となっている。




出稿効果が認められ大手企業の利用が増えたため、出稿量・単価が上昇して


いるのが理由。




独立系のサイバーエージェントは過去最高の売上高・経常利益となった。


検索キーワードに連動した広告を掲載するサービスが好調だった。




電通系のサイバーコミュニケーションズは大幅経常増益。情報通信や金融


など従来の広告主に加えて、自動車など製造業系からの受注が増えた。




最大のネット広告媒体はやはりヤフー。広告売上高も4半期で71億円に達し、


市場が急拡大。




今後のネット広告市場は大幅な伸びが予想される。




応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:20 | マスコミ

新聞業界最新動向

今日のランキング




今回は新聞業界の最新動向について。


マスコミは毎年就職活動生に人気です。




最近の新聞業界はどうなっているんでしょうか?


実は、ちょっと苦難に瀕しています。




国内の新聞発行部数は約7000万部。朝刊の販売部数で見てみると、首位は


読売新聞で1015万部。続く朝日新聞が838万部、毎日新聞が401万部、


日本経済新聞が301万部。




販売部数、売上ともにここ数年、微減傾向になる。理由はインターネットなどの


新しい媒体の登場によって、夕刊の部数が減っているからだ。




地方中小新聞の中には経営難の新聞社も見られ、内外タイムス、北海タイムス、


石巻新聞など解散や縮小に追い込まれている新聞社もある。




最近では、経済専門誌の日刊工業新聞社が経済産業省から産業再生法の


適用を受けた。広告収入源などで経営が悪化、リストラを実施していたさなか


の出来事だった。




一方で新聞業界は放送界との連携を強化し始めている。


グループ化を強めているのが朝日新聞テレビ朝日で、テレビ朝日は朝日


新聞の子会社になった。




読売新聞日本テレビの関係も古くから強く、日経新聞グループテレビ


東京産経新聞フジテレビも関係を強化している。




大手新聞社は今後、テレビや出版、広告からインターネットを交えたメディア


ミックス戦略をさらに強める事が予想される。





応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:19 | マスコミ

2004年10月26日

マスコミTOP

マスコミ


新聞業界

新聞業界はメディアミックスが進展。発行部数が微減傾向にあり、テレビや出版、広告、インターネットを含めてメディアの融合を図っている・・。


広告業界

博報堂、大広、読売広告社が経営統合し、博報堂DYホールディングスを設立。世界8位の広告会社となり、電通と2強体制を築きつつある・・。


出版業界

「世界の中心で愛をさけぶ」などヒット作が続き、持ち直し感のある出版業界。ただし、インターネット、新古書店などライバルが力をつけ、出版業界を取り巻く環境は厳しい・・。


放送業界

放送業界は視聴者獲得競争が激化。地上波デジタル放送が本格化していく中でこれからどんな動きを見せるのか・・。


衛星放送業界

デジタル放送と多チャンネル時代を前に、CS連合が発足。デジタル放送の波に乗ることが出来るか・・。



就職活動ブログの宝庫です。人気ランキング




自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法

↑もうひとつの私の就職ブログです↑



みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 22:14 | マスコミ

2004年10月25日

衛星放送業界目次

衛星放送業界


衛星放送業界最新動向



就職活動ブログの宝庫です。人気ランキング




自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法

↑もうひとつの私の就職ブログです↑



みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 22:14 | マスコミ

放送業界目次

放送業界


放送業界最新動向



就職活動ブログの宝庫です。人気ランキング




自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法

↑もうひとつの私の就職ブログです↑



みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 22:14 | マスコミ

出版業界目次

出版業界


出版業界最新動向



就職活動ブログの宝庫です。人気ランキング




自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法

↑もうひとつの私の就職ブログです↑



みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 22:14 | マスコミ

広告業界目次

広告業界


広告業界最新動向



就職活動ブログの宝庫です。人気ランキング




自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法

↑もうひとつの私の就職ブログです↑



みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 22:14 | マスコミ

新聞業界目次

新聞業界


新聞業界最新動向



就職活動ブログの宝庫です。人気ランキング




自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法

↑もうひとつの私の就職ブログです↑



みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 22:14 | マスコミ
アクセス解析

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。