2005年10月23日

地方銀行業界最新動向

今日のランキング




今回は地方銀行業界の最新動向について。


拡大路線から地元回帰を鮮明化してきた地方銀行業界。


不良債権残高は減少してきている。




特定の都道府県など地域に密着した営業を展開しているのが地方銀行・第二地方銀行だ。全国地方銀行協会の会員行は2004年3月現在で64行、第二地方銀行協会の会員行は50行ある。




かつては、東京への進出など拡大路線を目指した時期もあったが、現在は地元回帰を鮮明にし、「リレーションシップバンキング(地域に貢献する銀行)」をキャッチフレーズに、地元企業の支援や地域経済活性化に一役買おうと知恵を絞っている。




大手企業に比べて業務の多様性はないものの、地元企業を対象にした企業再生ファンドの創設など、従来の銀行とは一味違ったサービスも出始めている。




ただ、資本の某弱名地銀も多く、ペイオフ解禁で経営健全化を迫られる地銀も出てきている。




株式上場している地方銀行と第二地銀、89行・グループの04年3月期の決算は、連結最終損益が合計で4700億円の黒字となった。前の期の2300億円の赤字から改善した。




景気回復を受けて不良債権処理損が減ったのに加え、株価回復で株式関係損益が好転した結果だ。最終赤字を計上したのは5行と、前の期から24行減少した。




04年3月末の不良債権残高は10兆7800億円と1年前に比べて15%減少。不良債権の新規発生が減ったほか、業績が改善して債務者区分が上がる融資先も増えた。





応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:59 | 金融

消費者金融最新動向

今日のランキング




今回は消費者金融の最新動向について。




消費者金融業界はここ数年、競争が激化している。


超低金利を背景に安い金利で調達し、相対的に高い金利で貸し出すため収益


性は高く、金融業界がこぞって狙っているビジネスでもある。




ただ、業界全体の貸付残高が11兆円を越える中、大手4社(武富士アイフル


アコムプロミス)の2004年3月期の連結決算では、アイフルを除く3社が当期


利益を減らすなど、曲がり角に差しかかっているのも事実。




また、貸倒費用も収益の足かせになっている。




自己破産件数が高水準で推移しているからだが、新規顧客数の伸び悩みも


鮮明化。各社は貸倒回避へ審査の厳格化を進めているが、貸付金残高の


減少を招くジレンマに陥っている。




各社は量の拡大から質を高める戦略にシフトし、収益力強化策に力を


入れている。




積極的に提携・買収を進めるアイフルはグループの信販会社ライフを多角的


戦略のに据えて展開。アコムプロミス大手銀行との連携などで巻き


返しを狙っている。




盗聴事件で逆風にあった武富士はテレビCMを再開させたほか、携帯電話


によるクレジット決済サービスを始めている。




また消費者金融業界では、外資や銀行の攻勢も目立つ。




シティグループは日本で「CFJ」として組織を変更、アイクなどを展開して


いるほか、「ほのぼのレイク」ブランドのGEグループも豊富な資金力や


効率運営を武器に拡大中だ。




大手銀行も「アットローン」「モビット」などといった新ブランドを展開している。





応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:19 | 金融

リース業界最新動向

今日のランキング




今回はリース業界の最新動向について。


リース業界にも再編の波が押し寄せています。




リース業は機械・機器・設備などを、特定の相手に長期間貸し出す事でリース


料を受け取る業務のことをいう。




リースの対象になるのは、事務機器、OA機器、自動車から産業用ロボットまで


様々。日本企業の90%以上がリースを利用しているとみられ、リースによる


設備投資は企業にとって不可欠なものになっている。




2003年度のリース取扱高は前年比0.05%増の7兆3778億円。わずかだが


プラスとなっている。




機種別には、産業機械、工作機械がプラスに転じた一方で、情報関連機器


は引き続きマイナス。




企業規模別には、大企業がプラスとなったが、中小企業は低調だった。




民間設備投資額に占めるリース設備投資額の割合(リース比率)はやや下降


気味である。




リース業界は再編の真っ只中にある。




大手とそれ以外に二極化する方向に向かい、規模的にも収益的にもその格差


が鮮明になりつつある。




M&Aも活発。


日本リース産業の草分け的存在であり、総合リース国内首位のオリックス


買収戦略を継続する一方、不動産ファイナンスや企業再生にも力を入れている。




日立リースと日立クレジットが00年10月に合併して誕生した日立キャピタル


は、主力の情報機器や医療機器の伸びをてこに展開。




競争激化で規模の拡大が難しい中、リース業界各社は新たな市場の開拓や


高付加価値化に軸足を移しつつある。




応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:19 | 金融

クレジットカード業界最新動向

今日のランキング




今回はクレジットカード業界の最新動向について。




クレジットカードや割賦は金融サービスの中で最も消費者に密着した分野


いえる。個人消費の低迷に関わらず、高速料金や鉄道、電子商取引(EC)など


の新分野開拓で場は拡大中だ。




2003年度のクレジット信用供与額は前年度比5.5&増の20兆6511億円。


カード発行枚数は2億5400万枚にまで拡大した。




最大手のJCBは銀行系でも独立色が強い。


独自の国際ブランドを展開し、ビザやマスターに対抗、若年層を着実に開拓


している。また、電気料金をカードで支払えるようにするなど、新市場開拓にも


積極的。




三井住友カードはさくらカードの一部を統合、会員数は1200万人を突破した。


ユーシーカードはみずほグループの営業基盤が強み。




銀行系カード各社は偽造被害を防ぐために、01年からICカードの発行を開始


した。今後、4、5年をめどに全カードを切り替える方針だ。




流通系最大手のクレディセゾンが年会費の無料化で急成長。


そごうや丸井などの流通大手とも提携し、会員増を図っている。




1300種類を超える提携カードを発行する信販最大手の日本信販は、05年


4月にUFJカードと合併した。これにより、カード利用者の2300万人を越える


国内最大級のカード会社「UFJニコス」が誕生する。




メーカー系では、トヨタファイナンスソニーファイナンスが独自発行を


開始。消費者金融やコンビニ大手も新規参入したため、競争激化は必須


の情勢だ。






応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:18 | 金融

証券業界最新動向

今日のランキング




今回は証券業界の最新動向について。




銀行が介在する間接金融から、多くの投資家が広く薄くリスクをとって資本市場


に直接投資する直接金融の確立が急務となっている。




日本経済が活気を取り戻すには、不良債権に苦しむ銀行依存の金融メカニ


ズムから脱皮できるかがカギとなる。




その中で大きな役割を果たさなくてはならないのが証券業界だ。




企業が必要な資金を資本市場で調達し、個人がその出し手になるには仲介者


である証券会社の存在が欠かせない。




日本の証券業界は株式売買の取次業務に偏重してきたことから、長引く株価


低迷で合併や買収、撤退、新規参入といった再編が迫られてきた。




証券会社各社の目指すビジネスモデルは異なり、10年前と顔ぶれは大きく


変わっている。




3大証券のうち、野村証券は野村ホールディングス、大和證券は大和証券


グループ本社という持ち株会社を設立。日興証券は、日興コーディアルグループを形成し、米シティグループとも関わりを深めている。




その大手3大グループは従来型の株式取次業務だけでなく、外資が先行


する企業再生ビジネスに活路を探るなど、収益源の分散に積極的。




グループ内には投資信託運用会社や企業の合併業務などを担う投資銀行


部隊を抱え、多様なサービスを総合的に供給できる体制づくりを急いで


いる。




これに対して、個人向け営業が主力の準大手は店舗や人員整理を進める


一方で、債権や外貨建て金融商品などを増やして、個人マネーを取り込む


準備に余念がない。




応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:18 | 金融

損害保険業界最新動向

今日のランキング




今回は損害保険業界の最新動向について。


損害保険業界はこれからが勝負の時期です。




損害保険業界の再編は一段落した。




まず、2001年4月に大東京火災海上保険と千代田火災海上保険が合併して


あいおい損害保険が誕生。




続いて、日本火災海上保険と興亜火災海上保険が合併して日本興亜損害


保険が誕生。




そして、ニッセイ損害保険と同和火災海上保険が合併してニッセイ同和損害


保険が誕生した。




同年10月には三井海上火災保険と住友海上火災保険が合併して三井住友


海上火災保険がスタートした。




さらに、持ち株会社のミレアホールディングスの下で経営統合した東京海上


火災保険と日動火災海上保険が04年10月に合併し、東京海上日動火災


海上保険に生まれ変わった。




02年7月には安田火災海上保険と日産火災海上保険が合併、損害保険


ジャパンを設立している。




このように損害保険業界は再編を進めてきた。




統合の目的は規模を大きくして効率を高め、価格競争力の向上を図ること


にあるが、合理化は再編が一服したこれから本格化すると見られている。




企業向けの火災保険や自動車保険ではここ数年、急激に保険水準が下がって


おり、効率化で遅れを取ると契約を奪われかねない。




損保市場は頭打ち状態にあり、信用力販売力、それに保険料の安さで売上


が増えるか減るかの明暗が分かれる。




ただ、今のところ、各社とも経営が揺らいでいるわけではなく、金融界の中では


比較的高い格付けを維持している。




合理化は定年による自然減に依存する部分が大きく、緩やかな形だ。




応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:17 | 金融

生保業界最新動向

今日のランキング




今回は生命保険業界の最新動向について。


生命保険業界はちょっと暗い話題が多い。




生命保険各社の経営環境は依然厳しい。


歯止めのかからない「生保離れ」と、運用利回りが契約者に保証した予定利率を


下回る、「逆ざや」に苦しんでいる。




逆ざやは、超低金利のあおりで解消のめどが立たず、主要10社で毎年1兆円


超える損失を出し続けている。




運用環境の悪化と販売不振という厳しい環境下、各社は合理化を進め、生き残り


策を模索しているという状況だ。




こうした事態を打開するため、生保業界も本格再編に突入した。




これまで、生保の再編は、破綻した会社を外資が回収するといった形態が


ほとんどだった。




例えば、東邦生命はGEエジソン生命、第百生命保険はマニュライフ生命


千代田生命保険はAIGスター生命、協栄生命保険はジブラルタル生命保険


の傘下となった。




しかし、ここにきてその傾向が変わりつつある。




2004年1月、明治安田生命保険安田生命保険大手生保で初の合併


踏み切り、明治安田生命が誕生した。




保有契約高(個人保険と個人年金保険の合計)では3位の住友生命に迫り、


団体保険では日本生命を抜いてトップに立つ。




保有する有価証券や不動産などの総資産では、日本生命、第一生命につぐ


国内3位になっている。




中堅の大同生命大洋生命保険も04年4月に持ち株会社、T&Dホール


ディングスを設立して統合した。




さらに同時期、三井生命保険も相互会社から株式会社に転換し、三井住友


銀行との連携を強化している。




生保業界の再編は確実に進んでいる。







応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:16 | 金融

銀行業界最新動向

今日のランキング




今回は銀行業界の最新動向について。


銀行業界のキーワードは経営統合です。




10年以上にわたるバブル経済崩壊の過程で金融業界の勢力図は様変わりし、


グループ化などによって金融機関の数は減少した。




なかでも、大手銀行はここ数年、経営を効率化して生き残りを図る、経営統合の


動きが加速、21世紀に入って大再編された。




その結果、大手銀行は現在、以下の7大グループに。


・みずほ(第一勧業、富士、日本興業)


・三井住友(住友、さくら)


・三菱東京(東京三菱、三菱信託)


・UFJ(三和、東海、東洋信託)


・りそな(大和、あさひ)


・三井トラスト(三井信託、中央信託)


・住友信託




7大グループの再編で落ち着くかに見えた銀行業界だが、UFJグループと


三菱東京フィナンシャルグループの統合が実現する。




2005年10月1日までに両グループの持ち株会社と商業銀行、信託銀行、


証券会社をそれぞれ同時合併し、「三菱UFJグループ」を発足させる。




これにより、クレジットカード、消費者金融など主要金融サービス分野を持つ、


総資産約190兆円の世界最大のユニバーサルバンクが誕生。




国内の金融界は三菱UFJ、三井住友、みずほの3大メガバンクに収束


する。




再建を迫られたUFJを三菱東京と三井住友フィナンシャルグループが奪い


合う異例の展開をたどった大再編劇は、欧米のように市場を意識した経営を


迫られる新時代の到来を印象付けるものといえる。





応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:16 | 金融

2004年10月26日

金融TOP

金融


銀行業界

銀行業界は3大メガバンクへ収束。中でも、一番の話題はUFJグループと三菱東京フィナンシャルグループの統合・・。


地方銀行業界

地方銀行は拡大路線から地元回帰へ。ペイオフ解禁で経営の健全化を迫られる中、不良債権は確実に下減ってきている・・。


生命保険業界

生保離れと逆ざやに苦しむ生命保険業界。合理化を進め生き残りを図り再編は確実に進展している・・。


損害保険業界

業界再編は一段落し、競争が激化。頭打ち感のある損保業界で明暗を分けるのは販売力と信用力だ・・。


証券業界

収益源の多様化を図る大手と個人投資家の開拓に活路を見出そうとしている中小。証券業界は各社が知恵を振り絞っている・・。


クレジットカード業界

日本信販とUFJカードが合併し、UFJニコスが誕生。新市場の開拓をもくろむ既存組と他業界からの新規参入組が入り混じって激戦は必至・・。


リース業界

大手を中心にM&Aが活発化。業界再編の中で二極化が鮮明になっている。


消費者金融業界

各業界が狙う消費者金融業界。収益性が高いビジネスモデルは金融業界をはじめ、各業界から新規参入が相次ぎ、競争が激化している。




就職活動ブログの宝庫です。人気ランキング




自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法

↑もうひとつの私の就職ブログです↑



みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 22:14 | 金融

2004年10月25日

消費者金融業界目次

消費者金融業界


消費者金融業界最新動向



就職活動ブログの宝庫です。人気ランキング




自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法

↑もうひとつの私の就職ブログです↑



みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 22:14 | 金融

地方銀行業界目次

地方銀行業界


地方銀行業界最新動向



就職活動ブログの宝庫です。人気ランキング




自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法

↑もうひとつの私の就職ブログです↑



みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 22:14 | 金融

リース業界目次

リース業界


リース業界最新動向



就職活動ブログの宝庫です。人気ランキング




自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法

↑もうひとつの私の就職ブログです↑



みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 00:03 | 金融

クレジットカード業界目次

クレジットカード業界


クレジットカード業界最新動向



就職活動ブログの宝庫です。人気ランキング




自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法

↑もうひとつの私の就職ブログです↑



みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 00:03 | 金融

証券業界目次

証券業界


証券業界最新動向



就職活動ブログの宝庫です。人気ランキング




自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法

↑もうひとつの私の就職ブログです↑



みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 00:03 | 金融

損害保険業界目次

損害保険業界


損害保険業界最新動向



就職活動ブログの宝庫です。人気ランキング




自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法

↑もうひとつの私の就職ブログです↑



みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 00:03 | 金融

2004年10月23日

損害保険業界目次

損害保険業界


損害保険業界最新動向



就職活動ブログの宝庫です。人気ランキング




自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法

↑もうひとつの私の就職ブログです↑



みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 17:58 | 金融

生保業界目次

生保業界


生保業界最新動向



就職活動ブログの宝庫です。人気ランキング




自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法

↑もうひとつの私の就職ブログです↑



みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 17:58 | 金融

銀行業界目次

銀行業界


銀行業界最新動向



就職活動ブログの宝庫です。人気ランキング




自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法

↑もうひとつの私の就職ブログです↑



みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 17:58 | 金融
アクセス解析

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。