2006年02月06日

KDDI、ジャパンケーブルネットを買収か!?

今日のランキング

KDDIは2月6日、CATV大手のジャパンケーブルネット(JCN)の株式を取得すると発表した。直接・間接の出資比率は38.18%になり、筆頭株主になる。今後のFTTH展開を見据え、顧客基盤の拡大に活用する。

3月にセコムと丸紅から、JCNの持株会社・ジャパンケーブルネットホールディングスの6.76%とJCN株式を取得する。少数株主からの買い取りも予定しており、KDDIのJCNへの出資比率は47.30%まで上昇する可能性がある。その場合、買い取り総額は最大355億円になるとしている。

JCNは東京都内などにグループ14局を展開している。昨年11月にはKDDIと「ケーブルプラス電話」で協業を発表していた。資本提携で今後、多チャンネル放送・インターネット・電話のトリプルプレイに、au携帯電話によるFMC(Fixed Mobile Convergence:固定-携帯融合サービス)を加えた「クワトロプレイ」も可能になるとしている。

クワトロプレイとは、通信会社が、電話・高速インターネット・映像配信・移動通信を合計した4種類のサービスを一括提供すること。

KDDIからすれば、すでに強みになっている移動通信・電話に加えて、JCNのインターネットなどのインフラ部分を融合できれば、1社で全てをまかなうことができる。

これはKDDIの今後の戦略上、実に強みになる。

就職活動ブログの宝庫です。人気ランキング



自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 23:23 | 情報通信

2005年10月23日

情報処理・ソフトウェア業界最新動向

今日のランキング





今回は情報処理・ソフトウェア業界の最新動向


ITサービス需要は高くソフトウェア業界はこれから確実に伸びます。


けど、潰れている会社が多いのも事実・・。




情報処理やソフトウェア開発など、情報処理サービス業の2003年の売上高は前年比1.4%増の14兆1700億円で、1995年以降9年連続して過去最高を更新した。




企業の設備投資は低迷していても、IT投資は生き残りや競争力向上のために不可欠な投資であるという認識が根付いたからだ。




企業間電子商取引システム(ECシステム)を構築して調達・販売コストを削減したり、インターネットを基盤にした社内の情報システムを再構築して業務効率を改善するなどのITサービス需要が拡大している。




もっとも、業界の事業所数は3.5%減の7378ヶ所となり、99年以降7年連続の減少となった。市場は成長しているが、勝ち組・負け組みを選別する淘汰の時期を迎えつつある事を浮き彫りにしている。




情報サービス企業は、コンピューターハード系メーカー系通信系金融系総合商社系シンクタンク系独立系外資系などに分かれるが、再編はほぼ完了した。




企業ではNTTデータCSK,ソフトバンクインテック日立ソフトウェアエンジニアリング富士通エフアイピーNECソフトなどが大手となる。




04年3月期の決算では、NTTデータNECソフトが増収になったほか、他社も総じて業績堅調だった。独立系のCSK「eサービス」を標榜し、事業をBtoBに集中、企業向けシステム開発・運用サービスに力を入れている。





応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:58 | 情報通信

インターネットサービス業界最新動向

今日のランキング




今回はインターネットサービス業界の最新動向について。


動きが早いインターネット業界


インターネットサービスプロバイダ業界も買収提携が盛んです。




インターネット人口増加にともない、インターネットに関連するビジネスの裾野は拡大傾向にある。インターネット事業者として欠かせないのは、接続事業者が担うインフラの提供だ。




インターネット接続事業者としては、NTTグループに代表される、いわゆるキャリアと、ISP(インターネットサービスプロバイダー)に大別できる。




現状のキャリアは大きく4つのグループに分けられる。NTTグループ電力系グループソフトバンク系グループその他である。いずれも光サービス、ADSLサービス、無線サービスなどを主力サービスとして提供している。




ISPは、大きく電気・電力系NTT系通信系外資系に分かれる。最大手はニフティ(富士通)で、これにBIGLOBE(NEC)OCN(NTTコミュニケーションズ)DION(KDDI)So-net(ソニー)などが続いている。




最近は、各社ともブロードバンド市場の急拡大に対応したサービス拡充の動きが目立つ。その一環として、買収やプロバイダー同士の提携なども進んでいる。




イーアクセスAOLジャパンのISP事業を買収、米AOLの親会社である米タイムワーナーのコンテンツをブロードバンドサービスに活用する。




松下電器産業「hi-ho」のサービスを新会社に移管、事業強化を目指す。




日本テレコムを買収したソフトバンクは、両社の個人向けインターネット接続サービス「ODN」「Yahoo!BB」間で事業提携した。





応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:57 | 情報通信

通信業界-無線事業をめぐる争い

今日のランキング




今回は光ファイバーと並んで、通信業界の事業の柱となっている無線事業


の攻防について。




通信業界を左右しかねないほどに成長した携帯市場。


こちらも競争が激しくなっている。




なぜ、そんなに無線事業が注目されているのでしょうか。


キーワードは、光ファイバーとの融合。




光ファイバーと、携帯をはじめとする無線事業が融合が実現すれば、家庭内


では固定通信、外出先では無線通信を利用したサービスを提供することで


顧客を囲い込むことができる。




KDDIパワードコムの合併話。


パワードコム側のメリットはここにある。




パワードコムは東京電力の子会社。


東京電力といえば、NTTに次ぐ光ファイバー網の持ち主。




携帯電話事業を持たない東京電力からすればauを擁するKDDIの携帯電話


事業は大変魅力的といえる。




一方、ソフトバンクも負けていない。


ソフトバンクの孫正義社長は「携帯参入で総合通信事業になる」と携帯事業


への参入を模索中だ。




受けて立つNTTは、NTT法などの規制や、グループ内での競争など、不安


要素は多い。他社が束になってもかなわない売上規模10兆円以上のNTT。




しかし、競合他社の足音は確実に大きくなってきている・・。




応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:15 | 情報通信

通信業界-光ファイバーを巡る争い

今日のランキング




通信業界の1大ニュースになったKDDIパワードコムの合併話。


今回はその裏に見える通信業界の光ファイバーを巡る争いを解説する。




通信業界の事業の柱は大きく分けて、光ファイバーと無線通信。


今光ファイバーをめぐる争いが熱い。




NTTは昨秋、5兆円をかけて大幅な銅線から光ファイバーへの切り替え


行うと発表。自社の光ファイバーサービスで電話、高速インターネット、テレビ


放送の3点セットを提供し、顧客単価の引き下げとコスト削減による収益回復


の足場を固めようとしている。




一方、KDDIも光ファイバーサービスを展開するが、各家庭までの最終的な


アクセス回線をNTTから無償で借り受けているのが現状。




だが、NTTに告ぐ総延長96000キロの光ファイバー網を既に敷設している


東電と組めば、NTT依存の脱却が図れ、収益を安定させる事が出来る。




こういった背景があっての今回の合併話。


本当に実現するのだろうか。




ますます通信業界から目が話せない。




応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:15 | 情報通信

通信業界-KDDIがパワードコム買収

今日のランキング




今回は通信業界重大ニュースについて。




KDDIが、東京電力子会社で固定通信4位のパワードコムを来年1月を


めどに吸収合併する方向で最終調整に入った。




実現すれば、通信業界は、NTT、ソフトバンク、KDDI・東電連合の


3大メガ通信時代に突入する。




動画像の送受信や音楽配信など、ブロードバンドサービスの競争が激化


しそう。




今回の合併話のウラはというと・・。




「通信業界で生き残るには規模に尽きる」


パワードコムの中根社長はこう言いきる。




「NTTへの対抗には総合力が必要だ。」


KDDIの小野寺社長もこう語る。




ソフトバンクが日本テレコムを買収し、固定電話の事業規模でソフトバンクに


抜かれたKDDIが東電に歩み寄った形だ。




背景には、固定電話市場が縮小する中、ブロードバンド通信の「本命」とされる


光ファイバー網をめぐる争いが幕開けし、設備投資や営業規模が、そのまま


勝負を左右しかねない状況がある。




次回は通信業界の光ファイバーを巡る争いを解説する。






応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:14 | 情報通信

通信業界-若者の濃密な日々

今日のランキング




今回は通信業界で働く若者たちについて。




通信業界はドッグイヤーと呼ばれる業界


そんな業界で若者たちは多忙な日々を過ごす。




特に通信業界で働く派遣社員は労働条件が過酷。




契約は月単位。与えられたリストをもとにかたっぱしから営業をかける。


もちろんノルマはきつく、飛び込み営業をする事もザラ。


当然、1ヶ月で契約を切られる人もいるとか。




あっというまに会社生活が終わりかねないという綱渡りの毎日だが、


それでも野心を持って市場を開拓しようという人間は多いとか。




さらに野心が強いのが「IT系コンサルタント」と呼ばれる若者たち。




その仕事は、インフラは備えたものの使い方がわからない通信・一般企業


への事業指南。




いわゆるベンチャー系IT企業でも、いち早くビジネスマインドを身につけた


ところは「IT系コンサル」へとステップアップするらしい。




クライアントは大企業が多い。


クライアントの疑問をすっきりと説明してやれば、一発で大きい仕事が舞い


込むそうだ。




IT系コンサルには、通信を足ががりにのし上がろうとする貪欲さがある。




だが、いくら素人とはいえ、クライアントの見る目は厳しい。


ITベンチャーへの猜疑心もあり、そんなに甘い仕事ではない。




特にベンチャーの場合、経営基盤が弱いため、終電・朝帰りが当たり前


というなかなか過酷な状況。




プレッシャーでうつ自律神経失調症など、心をわずらってしまう人もいる。




通信業界はスピードが早い。


その先頭を突っ走るにはなかなか苦労がいるようだ。






応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑


みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:14 | 情報通信

通信業界-IT革命は仕事を変えた!?

今日のランキング




今回は通信業界の変化について。




元国営だったこともあり「設備会社」というイメージもある通信業界。


しかし、たまたま設備が多いだけで、実際はサービス会社である。




各社取扱商品も電話から、よりサービス性が求められるIPへシフトチェンジ。




「○○割引」「○○無料」など、様々なサービスを提供している。


通信企業間の競争は激しい。




しかも、ドッグイヤーと呼ばれるほど技術革新が早い。




そのため、大企業であっても、流れに対応するには組織の風通しを良くする


必要があり、若い人間でもボトムアップ的に販売戦略や戦術を企画して


会社を動かす事も可能。




仕事のやりがい度は高い。




「社内調整も大変ですし、売るべき商品がどんどん変わっていくのも大変。


キャンペーンがあるといつも突貫体制です。」とはある営業マン。




ブロードバンド時代が到来。


さらにデジタル放送の開始が近づいてきているなど、ビジネスチャンスは豊富。




IT革命が営業マンの仕事スタイルを変えたのは間違いないようだ。





応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑


みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:07 | 情報通信

通信業界のこれから

今日のランキング




今回は通信業界のこれからについて。




前回は通信業界のバイタリティについて書きました。


そこでも取り上げましたが、心配材料はNTTのリストラ。




団塊の世代を中心に転籍、出向が進められ、人員のスリム化が図られている。




しかし、NTT社員が悪いわけではない。




NTTは旧電電公社時代に国策会社として雇用の受け皿を担って、戦争からの


復員兵や国鉄職員を受け入れた歴史がある。




それが、人員の肥大化を生んだと言われている。




経営合理化の動きは、通信業界全体に及んでいる。


通信業界独特の公益性と利潤追求性のバランスが悪くなっているようだ。




加速度的に進む通信業界。


これから、どうなっていくのだろうか。






応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑


みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:05 | 情報通信

通信業界はバイタリティ!?

今日のランキング




平成に入り、通信業界は大きく飛躍しました。


それと同時に、NTTの分社化やITバブルの崩壊など様々な事が起きました。




通信業界の30代はそんな時代を生きてきました。


だから、通信業界の30代は、他業界に比べて仕事に取り組むテンションが


違っています。




通信業界の魅力は、なんといっても、若いうちに責任と権限を与えてくれる


会社が多いところ。子会社への出向もありますが、小さな組織で評価を上げ


ることが出来れば、本体に帰ってきた時に高いレベルでマネジメントする事が


出来ます。




そういう意味で勉強の場が積極的に与えられる業界と言えるでしょう。




活躍できるステージが若いうちに与えられること、また、業界の変化が激しい


事から通信業界で働く人はバイタリティのある人が多い。




仕事も大事だけど、私生活も大事という考え方が主流の世間にあって、


通信業界の仕事に対するバイタリティは並々ならない。




だが、通信業界のドンNTTはひそかに危機説が囁かれている。


例のリストラ話が発端だろうか。




それでも、社員は前を向いている。


人員削減が収まり、体制が整えば、再躍進の機会はいくらでも来る!




やっぱり、バイタリティが凄い!







応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:04 | 情報通信

通信業界の恋愛事情

今日のランキング




今日は通信業界の恋愛事情についてちょっとだけ書きます。




通信業界といえば、やっぱりその華やかでおしゃれなイメージ。


私は、通信業界はおしゃれやなあって思います。




友達に言うにしても、合コンで言うにしてもちょっとかっこいいですよ。




「おれ、ドコモで働いてんねん。」


「おれ、auで働いてんねん。」


一回は言ってみたい。。




やっぱり認知度は高い業界ですからね。


話は膨らむと思います。




おしゃれな社員が多いですし。


少々のおしゃれは許容される業界だから、おしゃれしてる人が多い。




そして、通信業界は比較的コンパが多い業界との噂あり。


若い社員も多そうですし、必然の結果でしょうね。




ただし、開発職の場合、ド田舎に飛ばされることもあるみたい。

あしからず。。






応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:04 | 情報通信

通信業界の休日・残業

今日のランキング




今日は気になる通信業界の休日・残業について。




通信業界の休日・残業状況は職種によって微妙に異なるらしいです。




開発職の場合、仕事は激務だという噂。


ただし、休暇はかなり楽に取れるらしい。というか、取らないと逆に怒られる


らしい。




この辺はシステムエンジニアと似てますね。


あまり詳しくないですが、通信業界の開発職って、ある種、システムエンジ


ニアでしょうからね。ネットワークエンジニアになるんかな。




通信業界の開発職も不規則みたいですね。


ところが、営業職になるともっと不規則になるらしい。




仕事は山ほどあるようで、残業は多く、休日出勤もざらにあるらしいです。


私が就職活動していたのは2年前ですが、その時も残業や休日出勤は


けっこうあると聞いたことがあります。




いずれにしても通信業界は忙しいみたい。


でも、開発職のほうがフレックスが浸透しているためか、ちょっとマシな


ようです。




しかし、なぜそんなに忙しいのか。


やっぱり、通信業界は勢いのある業界ですから、忙しいのだろう・・。




と思いきや、原因は「打ち合わせの多さ」にあるらしい。


しかも、定時以降開始の打ち合わせなんてざらにあるらしいです。




このへんは今の私の現場にそっくりです。


19時からのミーティングとかありますからね(−−;)




通信業界は大きい企業が多いですから、大企業ならではの悩みと言え


そうです。







実はランキング急上昇してます!今すぐ今のランキングを見てください!!








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:03 | 情報通信

就職人気企業ランキング−通信業界

2005 年度大学生就職人気企業ランキング−業界別

(毎日コミュニケーションズ調べ)


通信業界

1 (1)  NTTドコモ

2 (2)  NTTコミュニケーションズ 

3 (5)  NTT西日本(西日本電信電話)

4 (3)  KDDI

5 (4)  NTT東日本(東日本電信電話)

6 (−)  光通信

7 (7)  NTTドコモ関西

8 (6)  ボーダフォン

9 (8)  NTTコムウエア

10 (9)  NTTドコモ九州


()内の数字は前回順位

今日のランキング




自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法

↑もうひとつの私の就職ブログです↑



みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:03 | 情報通信

通信業界の人事制度

今日のランキング




今日は通信業界の人事制度について。




通信業界はなんといっても先が見えない!


動きが激しい業界です。




そのせいか、大企業であっても、人事制度は比較的柔軟といえる。




日本有数の大企業のNTTでも、実績と実力次第では30台で管理職に


なる事も可能。同じ通信業界内でも、外資系が加わった企業だと実力主義


の傾向はさらに強くなります。




通信業界は、でっかく出世してやろうという野心家タイプにはたまらない


業界かもしれませんね。




しかし、その一方で、通信業界はリストラやアウトソーシングが進行してい


る業界でもあります。アウトソーシングの波は、オペレーターなどの職種に


とどまらず、NTTコミュニケーションズでは派遣社員のみの部署も存在する


との噂あり。




組織の刷新により、欧米のような社員の階層化がすすみそうな気配は濃厚。




しかし、通信業界は公共性も伴う業界




例えば、地方の過疎地に電話線を引いても、儲けの観点からすると見込み薄。


でも、電話線を引かないとその地の人達は孤立してしまいます。




だから、採算が取れないとわかっていても、やらなければいけないことがある


のが通信業界。そのため、経営の合理化、効率化とのバランスが難しい業界


でしょう。




通信業界は変化のスピードが早い業界ですから、人事制度も刻一刻と


変わっていくと思われます。






応援ありがとうございます。参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:02 | 情報通信

通信業界の福利厚生・特典

今日のランキング




NTTを例に挙げると、大企業だけに福利厚生については社宅、保養所など


一通り完備されているよう。ただし、その利用法がポイント制になっている


との噂。具体的には、社員は与えられたポイント内で福利厚生の利用が


制限されるんだとか。社宅利用は何ポイント、他のは何ポイントといった


かんじだそう。




では、社宅はどうかというと、満足いくような立派なものではないらしい。


しかも、草刈など雑務も一緒についてくる場合もあるみたい。




もうちょっと、社員に還元されるべきかなあ。




通信業界では、福利厚生はあまり期待しないほうが良さそうです。




通信業界ならではの業界特典はというと、まったくないそう・・。


テレフォンカード一枚取っても、定価で買うのが普通。




通信業界には特典も望んではいけないようです。


その分給料が他業界より若干高いと思ってあきらめるしかなさそうですね。



通信業界っていうと華やかでおしゃれなイメージがありましたが、それほど


オイシイ業界でもないようです。






参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 16:00 | 情報通信

業界マルチランキング−情報・通信業界

※就職四季報WEB業種マルチランキングより抜粋

↑サイトにはさらに詳しいランキングが載っています。一度は必ず目を通しましょう



資本金ランキング


順位 コード 正式社名 特色 最新
資本金
1 9437 (株)NTTドコモ NTTグループ。携帯電話シェア6割弱。ブランド力強い。電子決済など非通信事業を強化中 949,680
2 9432 日本電信電話(株) 国内通信のガリバー。地域電話独占、携帯電話、長距離電話でシェア過半。光ファイバー強化中 937,950
3 9434 ボーダフォン(株) 携帯電話世界大手・英国ボーダフォンの日本部門。国内シェア3位。05年7月に上場廃止 177,251
4 9613 (株)NTTデータ 官庁・公共・金融機関向け大型システム受託に強み。合弁方式による顧客企業との協業を推進中 142,520
5 9433 KDDI(株) 京セラ主導の総合通信会社。携帯電話(au等)が主力で国内シェア2位。IP通信を強化中 141,851
6 4676 (株)フジテレビジョン フジサンケイグループの中核企業、ニッポン放送が大株主。FNN形成。若年・女性層に強み 106,200
7 9737 (株)CSK 情報サービス大手。システム開発、業務アウトソーシング受託、金融サービスの3本柱で展開 69,410
8 9442 JSAT(株) 衛星通信回線を貸す第1種電気通信事業者。日本初の衛星会社でアジア太平洋地域最大規模 53,769
9 9435 (株)光通信 中小企業向け事務機器・通信回線販売が主力、携帯電話の販売でも大手。保険販売も強化中 53,409
10 4795 (株)スカイパーフェクト・コミュニケーションズ CS放送スカイパーフェクTVのプラットフォーム。コンテンツ強化と多インフラ展開へ 50,018


売上高ランキング


順位 コード 正式社名 連結売上高
1 9432 日本電信電話(株) 11,095,537
2 9437 (株)NTTドコモ 5,048,065
3 9433 KDDI(株) 2,846,097
4 9434 ボーダフォン(株) 1,655,651
5 9613 (株)NTTデータ 846,705
6 4676 (株)フジテレビジョン 455,945
7 9737 (株)CSK 378,472
8 4768 (株)大塚商会 372,481
9 9404 日本テレビ放送網(株) 328,374
10 8056 日本ユニシス(株) 309,417


経常利益ランキング

順位 コード 正式社名 連結経常利益
1 9432 日本電信電話(株) 1,527,348
2 9437 (株)NTTドコモ 1,101,123
3 9433 KDDI(株) 274,547
4 9434 ボーダフォン(株) 181,208
5 9613 (株)NTTデータ 49,638
6 4676 (株)フジテレビジョン 45,564
7 4689 ヤフー(株) 41,308
8 9766 コナミ(株) 40,107
9 9404 日本テレビ放送網(株) 36,800
10 9737 (株)CSK 30,565



今日のランキング




自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法

↑もうひとつの私の就職ブログです↑



みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 15:59 | 情報通信

通信業界の給与

今日のランキング




さて、今回は通信業界の気になる給与について。




通信業界はここ最近不況と言われる日本にあって、数少ない成長を続けて


きた業界。ところが、給料はというと、その通信業界という華々しいイメージ


ほど抜群というわけではないよう。




業界の稼ぎ頭であるNTTドコモの場合、30歳の年収ベースで600〜700万


といったところ。


ほぼ給与体系が同じといわれている親会社のNTTは、30代後半の管理職


で年収1000万円にとどくかなあといったところだそう。




私からすると600万でもけっこう良いほうだと思いますが。


システムエンジニアは人材によってピンきりですから、一概には言えませんが


平均したら500万に届くかどうかだと思います。




でも、儲かっていないのに高給を取る銀行や商社業界に比べると、


通信業界の給与水準はやや抑えられ気味な気はします。




しかも、NTT本体では日本最大級のリストラが進められており、アウトソーシ


ング会社に移された場合、最大で3割の給与カットもあるという噂。




通信業界は先の見えにくい業界なだけに、その将来性については一抹の


不安が残る。




参考になったら1ポチお願いします。






自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 15:58 | 情報通信

通信業界最新動向

今日のランキング



国内の通信業界は、大きく分けて以下の3分野に分かれる。




・ブロードバンド通信


・企業向けデータ通信


・第3世代携帯電話




インターネットやIP電話の普及によって、固定電話市場は縮小気味


逆に、上の3分野の競争が激しくなっている。




そのためか、今流行のM&Aも盛んな業界。




ブロードバンド市場は利用件数が2004年4月で末に1500万件を突破。


家庭向け光ファイバーが約10万件増加したほか、ADSLも好調。




この分野ではNTTKDDIソフトバンクも加わり、競争が激化している。




企業向けデータ通信分野では「IP-VPN」、「広域イーサネット」が主力の


サービス。価格競争が激しくこの分野でも再編が進んでいる。




携帯電話市場は、NTTドコモ、KDDI、ボーダフォンの3社がしのぎを削って


いる。なかでも、KDDIのauは好調で、第3世代の携帯電話加入者数では


ドコモを圧倒している。




最近の話題はなんといっても、ソフトバンクの日本テレコム買収


もともと日本テレコムは2001年にボーダフォンが傘下におさめたが、その後、


米投資会社リップルウッドホールディングスに売却。そして、2004年4月に


ソフトバンクが買収した。




これにより、ソフトバンクが固定電話市場に参入。


ソフトバンクの狙いは日本テレコムが持つJR系の大型顧客。


(日本テレコムはJR系長距離電話会社)


今後の動向に注目される。




固定電話の不振、携帯電話市場も飽和気味、その一方IP電話の普及、


携帯電話の電子マネーの登場、さらに、ソフトバンクの携帯市場参入の噂


など、話題は豊富。




今まさに通信業界は変革の時期を迎えている。






参考になったら1ポチお願いします。






自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 15:56 | 情報通信

2004年10月26日

情報・通信TOP

情報・通信


通信業界

これまで著しい成長を続けてきた通信業界。ただ、牽引役の携帯市場は飽和の兆し。通信業界の新たな戦場はIP電話と光ファイバー。絶対神のNTTの牙城を崩すのは・・。


インターネットサービス業界

ライブドア・サイバーエージェント・楽天を中心に最近脚光を浴びるインターネット業界。ビジネス環境的には飽和状態でもネットビジネスはスキマ市場さえ見つければ急成長が期待できる業界。その業界の中身は・・。


情報処理・ソフトウェア業界

システム構築のニーズは一段落。市場は飽和気味でも、潜在的ニーズはまだまだ高い。どこが成長し、どこが衰退するのか。勝負の時期に差し掛かっている・・。



就職活動ブログの宝庫です。人気ランキング




自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法

↑もうひとつの私の就職ブログです↑



みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 22:14 | 情報通信

2004年10月23日

情報処理・ソフトウェア業界目次

情報処理・ソフトウェア業界


情報処理・ソフトウェア業界最新動向



就職活動ブログの宝庫です。人気ランキング




自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法

↑もうひとつの私の就職ブログです↑



みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。

就活相談.com
就活は不安なもの。疑問・質問・悩みの答えがここにあります。

ジョブウェブ
就活に真剣な学生が集まると評判のジョブウェブ。就活仲間探しはここで。
posted by かずさん at 17:58 | 情報通信
アクセス解析

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。