2005年10月23日

新聞業界最新動向

今日のランキング




今回は新聞業界の最新動向について。


マスコミは毎年就職活動生に人気です。




最近の新聞業界はどうなっているんでしょうか?


実は、ちょっと苦難に瀕しています。




国内の新聞発行部数は約7000万部。朝刊の販売部数で見てみると、首位は


読売新聞で1015万部。続く朝日新聞が838万部、毎日新聞が401万部、


日本経済新聞が301万部。




販売部数、売上ともにここ数年、微減傾向になる。理由はインターネットなどの


新しい媒体の登場によって、夕刊の部数が減っているからだ。




地方中小新聞の中には経営難の新聞社も見られ、内外タイムス、北海タイムス、


石巻新聞など解散や縮小に追い込まれている新聞社もある。




最近では、経済専門誌の日刊工業新聞社が経済産業省から産業再生法の


適用を受けた。広告収入源などで経営が悪化、リストラを実施していたさなか


の出来事だった。




一方で新聞業界は放送界との連携を強化し始めている。


グループ化を強めているのが朝日新聞テレビ朝日で、テレビ朝日は朝日


新聞の子会社になった。




読売新聞日本テレビの関係も古くから強く、日経新聞グループテレビ


東京産経新聞フジテレビも関係を強化している。




大手新聞社は今後、テレビや出版、広告からインターネットを交えたメディア


ミックス戦略をさらに強める事が予想される。





応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑






みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。
posted by かずさん at 16:19 | マスコミ
アクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。