2005年10月23日

通信業界-無線事業をめぐる争い

今日のランキング




今回は光ファイバーと並んで、通信業界の事業の柱となっている無線事業


の攻防について。




通信業界を左右しかねないほどに成長した携帯市場。


こちらも競争が激しくなっている。




なぜ、そんなに無線事業が注目されているのでしょうか。


キーワードは、光ファイバーとの融合。




光ファイバーと、携帯をはじめとする無線事業が融合が実現すれば、家庭内


では固定通信、外出先では無線通信を利用したサービスを提供することで


顧客を囲い込むことができる。




KDDIパワードコムの合併話。


パワードコム側のメリットはここにある。




パワードコムは東京電力の子会社。


東京電力といえば、NTTに次ぐ光ファイバー網の持ち主。




携帯電話事業を持たない東京電力からすればauを擁するKDDIの携帯電話


事業は大変魅力的といえる。




一方、ソフトバンクも負けていない。


ソフトバンクの孫正義社長は「携帯参入で総合通信事業になる」と携帯事業


への参入を模索中だ。




受けて立つNTTは、NTT法などの規制や、グループ内での競争など、不安


要素は多い。他社が束になってもかなわない売上規模10兆円以上のNTT。




しかし、競合他社の足音は確実に大きくなってきている・・。




応援してください。人気ブログランキング!参考になったら1ポチお願いします。








自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑




みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。
posted by かずさん at 16:15 | 情報通信
アクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。