2006年01月16日

ドン・キホーテがオリジン東秀にTOBを仕掛けた!

今日のランキング

大手ディスカウントストアのドン・キホーテは15日、首都圏で「オリジン弁当」など約650店を展開するオリジン東秀(東証2部)の株式の過半数取得を目指し、株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。

買い付け期間は16日から2月9日まで。買い付け価格は13日終値(2340円)より約20%高い1株2800円で、過半数取得の費用は約102億円。オリジンからは賛同を得ていない。オリジンは「事前連絡はなかった」と困惑している。

ドンキは15日現在、グループ全体でオリジン株約31%を保有する筆頭株主。両社は事業提携しているが、ドンキは「提携を成功に導くのに必要なスピードが不足している」として、オリジン株を買い増したうえで取締役も派遣するなどして、経営への関与を高める方針に転換した。

ドンキは2005年8月、安田隆夫会長個人も含めてオリジンの発行済み株式の23.62%を取得。筆頭株主になっている。当初、これを機にコンビニエンスストア程度の面積の小型店をオリジンと共同開発する計画だったが、現在まで都内のドン・キホーテ2店舗にオリジンがテナントとして出店するにとどまっている。

オリジン東秀は首都圏を中心に「オリジン弁当」の販売で有名。惣菜の販売を中心としており、そのノウハウにドンキが目をつけていたのだが、はたしてどうなるのやら。


応援してください。人気ブログランキング!

参考になったら1ポチお願いします。



自己分析、面接を攻略!就職活動必勝法


↑もうひとつの私の就職ブログです↑



みんなの就職活動日記
各企業の情報はここが一番です!リアルな情報すぎてちょっと怖かったりします。
posted by かずさん at 00:43 | サービス
アクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。